本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。


トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!
南 登史紀(としき)
41 / 100 点
健康運 大病の心配はなく、不摂生をしなければ健康長寿をまっとうできそう。普段の健康管理を怠りなく。
性格 感受性豊かで頭脳明晰。成長できる要素が多分にあるので、住む環境を良くしていけば、どんどん成長する可能性あり。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
10-510525-3-31010 41

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
吉凶相反 大病の心配はなく、不摂生をしなければ健康長寿をまっとうできそう。普段の健康管理を怠りなく。 感受性豊かで頭脳明晰。成長できる要素が多分にあるので、住む環境を良くしていけば、どんどん成長する可能性あり。
留意事項
天恪 地格 が弱点。吉凶が相反する運勢。弱点をしっかりとカバーする努力が必要。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
天恪 地格 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
陰陽のバランスがとても良く、健康・幸運にも恵まれ、つつがなく長寿をまっとうできそう。
留意事項
健康運にも恵まれるが、油断して自ら健康を損ねないこと。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
吉凶相反 大病の心配はなく、不摂生をしなければ健康長寿をまっとうできそう。普段の健康管理を怠りなく。 感受性豊かで頭脳明晰。成長できる要素が多分にあるので、住む環境を良くしていけば、どんどん成長する可能性あり。
留意事項
天恪 地格 が弱点。吉凶が相反する運勢。弱点をしっかりとカバーする努力が必要。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
天恪 地格 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
陰陽のバランスがとても良く、健康・幸運にも恵まれ、つつがなく長寿をまっとうできそう。
留意事項
健康運にも恵まれるが、油断して自ら健康を損ねないこと。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(10画)
--- 前世での苦しみ、過去のマイナスイメージを受け継ぎやすい。祖先を祭ったり墓参りなどにより、開運の必要あり。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(26画)
変 動
吉と凶が交錯した運勢。強い意志と活動力で、英雄扱いを受ける場合もあるが、波乱の多い人生となる傾向大。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

サンプルの姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 9 種 別 常用漢字(教育漢字:第2学年)
意 味 南方。東に向かって右の方。南風。南国。南へ行く。南方異民族の音楽。
音読み ナン ナ
訓読み みなみ
名乗り あけ なみ みな ななみ よし
備 考 用例:指南、南音、南郊、南至、南渡、南蛮、南蛮鴃舌、南風、南無、南面など。
画 数 12 種 別 常用漢字(教育漢字:第3学年)
意 味 のぼる。高いところにあがる。車などに乗る。参上する。出発する。成熟する。成す。
音読み トウ ト
訓読み のぼ(る)
名乗り たか ちか とも なり なる のぼる のり
備 考 用例:登科、登記、登極、登高、登載、登時、登城、登場、登第、登壇、登途、登用など。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第4学年)
意 味 ふみ。記録。歴史書。歴史。ふびと(事を記録する役人)。
音読み
訓読み *****
名乗り さかん ちか ちかし ひと ふの ふひと ふみ み
備 考 用例:国史、詩史、私史、書史、女史、歴史、史策、史記、史跡、史遷、史伝など。
画 数 9 種 別 常用漢字(教育漢字:第4学年)
意 味 おさめる。ただす。いとぐち。綱。人の行うべき道。おきて。世(一紀=百年)。歳月。
音読み
訓読み *****
名乗り あき のり おさ おさむ かず かなめ すみ こと ただ ただし とし もと 他多数
備 考 用例:人紀、綱紀、世紀、帝紀、風紀、芳紀、紀極、紀元、紀行、紀念、紀要、紀律など。