本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。


トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]半年で話せるようになることも可能な英語スピーキング習得プログラム(特許申請中)
大久保 比呂太(ひろた)
14 / 100 点
健康運 一生を通じて大病もせず、健康的に長寿をまっとうできそう。ただし普段の健康管理を怠らぬことが大事。
性格 人間的に申し分のない人。努力家で何事も積極的に取り組む情熱家。他人には誠意とまごころで接するので人望も厚い。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
101052-5210-5-5-10 14

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
大吉 一生を通じて大病もせず、健康的に長寿をまっとうできそう。ただし普段の健康管理を怠らぬことが大事。 人間的に申し分のない人。努力家で何事も積極的に取り組む情熱家。他人には誠意とまごころで接するので人望も厚い。
留意事項
健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり凶運に固執するのは禁物。普段の精進が肝要。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
社会運 が弱点。凶運の項目をカバーすべく、普段から注意を怠りなく。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格凶運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
大吉 一生を通じて大病もせず、健康的に長寿をまっとうできそう。ただし普段の健康管理を怠らぬことが大事。 人間的に申し分のない人。努力家で何事も積極的に取り組む情熱家。他人には誠意とまごころで接するので人望も厚い。
留意事項
健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり凶運に固執するのは禁物。普段の精進が肝要。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
社会運 が弱点。凶運の項目をカバーすべく、普段から注意を怠りなく。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(15画)
--- 大幸運。恵まれた親・祖先・前世を暗示。多少の不運や不運も先祖により救われる。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(15画)
福 寿
福寿、円満の暗示あり。人との和を保つのが得意で周囲からも信頼される。人から高い評価を受け成功をつかむ。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格凶運の説明

漢字の詳細

サンプルの姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 3 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 おおきい。ひろい。重んずる。おおかた。
音読み ダイ タイ
訓読み おお おお(きい) おお(いに)
名乗り お き たかし たけし とも なが はじめ はる ひろ もと まさる ゆたか 他多数
備 考 用例:偉大、広大、甚大、膨大、雄大、寛大、大尉、大役、大意など。
画 数 3 種 別 常用漢字(教育漢字:第5学年)
意 味 久しい。長い。古くからの。
音読み キュウ ク
訓読み ひさ(しい)
名乗り つね なが ひこ ひさ ひさし
備 考 用例:永久、恒久、持久、耐久、久故など。
画 数 9 種 別 常用漢字(教育漢字:第5学年)
意 味 たもつ。持ちつづける。そのままの状態を続ける。守る。安らかにする。育てる。もり役。
音読み
訓読み たも(つ)
名乗り お まもる もち もり やす やすし より
備 考 用例:確保、担保、保安、保育、保管、保険、保護、保持、保釈、保守、保証、保障など。
画 数 4 種 別 常用漢字(教育漢字:第5学年)
意 味 くらべる。ならべて、善悪・優劣を考える。照らし合わせる。比較。同じ。等しい。仲間。
音読み
訓読み くら(べる)
名乗り これ たか たすく ちか とも なみ ひさ
備 考 用例:対比、等比、無比、隣比、比屋、比較、比況、比肩、比照、比年、比喩、比例など。
画 数 7 種 別 常用漢字
意 味 せぼね。長い。音楽の調子で、陰の音律。低い音。
音読み リョ、ロ
訓読み せぼね
名乗り おと とも なが ふえ
備 考 用例:呂翁枕(人生のはかないことの例え)、風呂、六呂、律呂など。2010年11月、常用漢字へ。
画 数 4 種 別 常用漢字(教育漢字:第2学年)
意 味 はなはだしい。はなはだ。非常に。ふとい。まわりが大きい。肥えている。大胆。
音読み タ タイ
訓読み ふと(い) ふと(る)
名乗り うず おお しろ だい たか と ひろ ひろし ふと ふとし ます み もと
備 考 用例:猶太、太一、太陰、太陰暦、太易、太極、太閤、太皇、太剛、太子、太息など。