本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。


トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]毎日、飛びこみで女子会できます。【お泊まり女子会プラン】
本田 捷太朗()
34 / 100 点
健康運 慢性的に病気にかかっているような状態で、辛い日々となる可能性あり。決して無理はせず、適度な休息を入れながら仕事や学業に取り組むこと。
性格 虚栄心が強く、表面的なことばかりに意識が働く傾向大。自負心が高いのはいいが、行き過ぎて他人を見下すことになりかねない。謙虚かつ慎重さが求められる。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
105-5552-310-510 34

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
吉凶相反 慢性的に病気にかかっているような状態で、辛い日々となる可能性あり。決して無理はせず、適度な休息を入れながら仕事や学業に取り組むこと。 虚栄心が強く、表面的なことばかりに意識が働く傾向大。自負心が高いのはいいが、行き過ぎて他人を見下すことになりかねない。謙虚かつ慎重さが求められる。
留意事項
天恪 外格 が弱点。吉凶が相反する運勢。弱点をしっかりとカバーする努力が必要。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
陰陽のバランスがとても良く、健康・幸運にも恵まれ、つつがなく長寿をまっとうできそう。
留意事項
慢心せず、健康管理には常に気を配ること。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
天恪 外格 が弱点。凶運の項目をカバーすべく、普段から注意を怠りなく。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
吉凶相反 慢性的に病気にかかっているような状態で、辛い日々となる可能性あり。決して無理はせず、適度な休息を入れながら仕事や学業に取り組むこと。 虚栄心が強く、表面的なことばかりに意識が働く傾向大。自負心が高いのはいいが、行き過ぎて他人を見下すことになりかねない。謙虚かつ慎重さが求められる。
留意事項
天恪 外格 が弱点。吉凶が相反する運勢。弱点をしっかりとカバーする努力が必要。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
陰陽のバランスがとても良く、健康・幸運にも恵まれ、つつがなく長寿をまっとうできそう。
留意事項
慢心せず、健康管理には常に気を配ること。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
天恪 外格 が弱点。凶運の項目をカバーすべく、普段から注意を怠りなく。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(10画)
--- 前世での苦しみ、過去のマイナスイメージを受け継ぎやすい。祖先を祭ったり墓参りなどにより、開運の必要あり。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(25画)
発 展
人知れず努力を重ね、成功を勝ち取る。才知に優れ、研究心も旺盛。ただし反発心がつよく、人付き合いは苦手。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

入力された姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 もと。ね。ねもと。物事の大切な部分。かなめ。中心。はじめ。おこり。ホン。原本。手本。
音読み ホン
訓読み もと
名乗り なり はじめ
備 考 用例:赤本、基本、脚本、原本、写本、草本、日本、和本、本意、本質、本籍、本心など。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 た。田畑。耕作地の総称。耕す。狩りをする。たんぼ。水田。特定の産物がとれる場所。
音読み デン
訓読み
名乗り ただ みち
備 考 用例:塩田、油田、炭田、屯田、美田、良田、田園、田舎、田家、田地、田夫、田野など。
画 数 11 種 別 人名用漢字
意 味 速い。すみやか。すばやい。勝つ。近道をする。賢い。さとい。つづく。
音読み ショウ
訓読み *****
名乗り かち さとし すぐる とし はや まさる
備 考 用例:捷給、捷疾、捷敏など。平成二年四月一日より人名用漢字として追加される。
画 数 4 種 別 常用漢字(教育漢字:第2学年)
意 味 はなはだしい。はなはだ。非常に。ふとい。まわりが大きい。肥えている。大胆。
音読み タ タイ
訓読み ふと(い) ふと(る)
名乗り うず おお しろ だい たか と ひろ ひろし ふと ふとし ます み もと
備 考 用例:猶太、太一、太陰、太陰暦、太易、太極、太閤、太皇、太剛、太子、太息など。
画 数 10 種 別 常用漢字(教育漢字:第6学年)
意 味 朗らか。晴れわたった様子。明らか。活発なようす。明白。
音読み ロウ
訓読み ほが(らか)
名乗り あき あきら お さえ とき ほがら
備 考 用例:英朗、玄朗、高朗、昌朗、星朗、晴朗など。
※入力した漢字が収録されていない場合には、漢字の追加依頼 にて承ります。