本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。

トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]沖縄・九州・北海道の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】
森 素未都()
5 / 100 点
健康運 おおむね大病の心配はなく、健康長寿をまっとうできそう。普段の健康管理は怠りなく。
性格 外見は穏やかだが、負けん気が強い。人付き合いが上手なので人間関係は良好だが、異性とのトラブルには十分注意が必要。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
-5-555-55-510-1010 5

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
おおむね大病の心配はなく、健康長寿をまっとうできそう。普段の健康管理は怠りなく。 外見は穏やかだが、負けん気が強い。人付き合いが上手なので人間関係は良好だが、異性とのトラブルには十分注意が必要。
留意事項
凶 健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
陰陽のバランスがとても良く、健康・幸運にも恵まれ、つつがなく長寿をまっとうできそう。
留意事項
慢心せず、健康管理には常に気を配ること。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
おおむね大病の心配はなく、健康長寿をまっとうできそう。普段の健康管理は怠りなく。 外見は穏やかだが、負けん気が強い。人付き合いが上手なので人間関係は良好だが、異性とのトラブルには十分注意が必要。
留意事項
凶 健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
陰陽のバランスがとても良く、健康・幸運にも恵まれ、つつがなく長寿をまっとうできそう。
留意事項
慢心せず、健康管理には常に気を配ること。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(13画)
--- 頭脳明晰、生まれながらの天才的素質示すこと多し。家庭・家族にプラスイメージ持ち、家庭第一主義の生き方。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(26画)
変 動
吉と凶が交錯した運勢。強い意志と活動力で、英雄扱いを受ける場合もあるが、波乱の多い人生となる傾向大。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

入力された姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 12 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 樹木のしげる様子。ものの多い様子。盛ん。おごそか。奥深い。ならぶ。
音読み シン
訓読み もり
名乗り しげる
備 考 用例:厳森、森閑、森森、森然、森羅殿、森羅万象など。
画 数 10 種 別 常用漢字(教育漢字:第5学年)
意 味 もと。はじめ。根本。原料。かざりのない。性質。もとより。元来。白い。常々。
音読み ソ ス
訓読み *****
名乗り しとし しろ すなお はじめ もと
備 考 用例:絵素、簡素、倹素、色素、質素、平素、素顔、素肌、素琴、素景、素行、素質など。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第4学年)
意 味 いまだ。いまだ〜ず。ひつじ。十二支のひとつ。旧暦の六月。時刻は午後一時〜三時。
音読み
訓読み *****
名乗り いま いや ひで み
備 考 用例:未開、未決、未知、未来など。十二支:「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」
画 数 11 種 別 常用漢字(教育漢字:第3学年)
意 味 人家が多くにぎやかな所。都会。中央政府のある所。帝王の宮殿のある所。
音読み ト ツ
訓読み みやこ
名乗り いち くに さと ひろ
備 考 用例:京都、故都、遷都、大都、天都、都雅、都護、都講、都人士、都統、都督など。
※入力した漢字が収録されていない場合には、漢字の追加依頼 にて承ります。