本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。

トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]名鉄観光宿泊予約
福井 公次郎(こうじろう)
4 / 100 点
健康運 大病を患う心配はないが、事故に巻き込まれて遭難する危険性があるので、普段の注意が必要。体は丈夫だが過信は禁物。
性格 他人の意見に耳を傾けず、孤独になりやすい。一見もの静かな雰囲気だが、強情で偏見が強く、人間関係があまり発展しない傾向がある。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
5-5-5-52105-3-1010 4

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
大病を患う心配はないが、事故に巻き込まれて遭難する危険性があるので、普段の注意が必要。体は丈夫だが過信は禁物。 他人の意見に耳を傾けず、孤独になりやすい。一見もの静かな雰囲気だが、強情で偏見が強く、人間関係があまり発展しない傾向がある。
留意事項
健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
地格 外格 総格 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
大病を患う心配はないが、事故に巻き込まれて遭難する危険性があるので、普段の注意が必要。体は丈夫だが過信は禁物。 他人の意見に耳を傾けず、孤独になりやすい。一見もの静かな雰囲気だが、強情で偏見が強く、人間関係があまり発展しない傾向がある。
留意事項
健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
地格 外格 総格 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(17画)
--- 家や組織を大発展させるパワーあり。人が不可能と思うようなことに挑戦し失敗することが、かえって前世の天運を呼び起こす。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(19画)
不 和
障害の多い暗示。特に健康面には注意をする必要あり。孤独感が強く、不安の多い人生。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

サンプルの姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 13 種 別 常用漢字(教育漢字:第3学年)
意 味 さいわい。しあわせ。天の助け。ひもろぎ。祭りのとき神に供える酒肉。
音読み フク
訓読み *****
名乗り さき さち たる とし とみ むら もと よ よし
備 考 用例:景福、幸福、祝福、寿福、裕福、福音、福運、福祉、福寿、福相、福沢、福利など。
画 数 4 種 別 常用漢字
意 味 い。いど。地下水をくみ上げるようにした仕掛け。いげた。むら。まち。
音読み セイ ショウ
訓読み
名乗り きよ
備 考 用例:福井、市井、天井、露井、井幹、井戸、井市、井魚、井然、井地、井田など。
画 数 4 種 別 常用漢字(教育漢字:第2学年)
意 味 あからさまなこと。かたより正しいこと。個人的でないこと。
音読み コウ
訓読み おおやけ
名乗り あきら いさお きみ きん さと ただ とおる とも なお ひろ ひろし まさ ひと
備 考 用例:公然、公平、公然、公用、公金、公益、公共、公開、公言など。
画 数 6 種 別 常用漢字(教育漢字:第3学年)
意 味 つぐ。続く。二番目。第二位。順序。度。回数。
音読み シ ジ
訓読み つぎ つ(ぐ)
名乗り ちか なみ つぐ ひで
備 考 用例:位次、今次、序次、順次、逐次、旅次、漸次、路次、次韻、次序、次第など。
画 数 9 種 別 常用漢字
意 味 おとこ。男子の美称。わかもの。むすこ。だんな。主人。おっと。妻が夫を呼ぶ語。女子。
音読み ロウ
訓読み *****
名乗り いらつこ お おか ひろ
備 考 用例:外郎、女郎、新郎、郎官、郎君、郎子、郎中、郎女、郎当、郎等、郎党など。