本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。

トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]格安夜行バス アミー号で旅しよう!
桑原 澄音(きよね)
-1 / 100 点
健康運 ストレスのあまり体調を崩してしまいがち。神経系や腎臓の病気には注意が必要。普段から健康管理をしっかりすること。
性格 他への配慮が足りず、思うがまま口にするところがある。また虚栄心が強く他を見下す傾向があるが、一方でおべっかやおだてに乗りやすい面もある。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
510-5-55-5-3-3-1010 -1

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
吉凶相反 ストレスのあまり体調を崩してしまいがち。神経系や腎臓の病気には注意が必要。普段から健康管理をしっかりすること。 他への配慮が足りず、思うがまま口にするところがある。また虚栄心が強く他を見下す傾向があるが、一方でおべっかやおだてに乗りやすい面もある。
留意事項
天恪 外格 総格 家庭運 が弱点。吉凶が相反する運勢。弱点をしっかりとカバーする努力が必要。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
天恪 外格 総格 家庭運 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
吉凶相反 ストレスのあまり体調を崩してしまいがち。神経系や腎臓の病気には注意が必要。普段から健康管理をしっかりすること。 他への配慮が足りず、思うがまま口にするところがある。また虚栄心が強く他を見下す傾向があるが、一方でおべっかやおだてに乗りやすい面もある。
留意事項
天恪 外格 総格 家庭運 が弱点。吉凶が相反する運勢。弱点をしっかりとカバーする努力が必要。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
天恪 外格 総格 家庭運 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(20画)
--- 前世ではかなり大きな野心や夢を持っていたかも。ただ先祖の中には、その野心のため苦労した人多き可能性。他の運格の強化が必要。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(24画)
財 産
才知に優れ、また、金運にも恵まれる。それにより幸福な生活をつかみ、子孫も繁栄。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

サンプルの姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 10 種 別 常用漢字
意 味 クワ科の落葉樹。葉は蚕の飼料、実は食用、材は家具に用いられる。
音読み ソウ
訓読み くわ
名乗り *****
備 考 用例:空桑、蚕桑、農桑、桑乾、桑田など。
画 数 10 種 別 常用漢字(教育漢字:第2学年)
意 味 もと。みなもと。はじめ。おこり。もとづく。元来。広くて平らな土地。罪をゆるす。
音読み ゲン
訓読み はら
名乗り おか はじめ はる もと
備 考 用例:起原、高原、語原、根原、平原、病原、原因、原型、原告、原作、原色など。
画 数 15 種 別 常用漢字
意 味 すむ。清い。透き通っていて清い。曇りのない空。さえた音。すました顔。
音読み チョウ
訓読み す(む) す(ます)
名乗り きよ きよし すみ すめる とおる
備 考 用例:清澄、澄瑩、澄高、澄心、澄清、澄潭(チョウタン)、澄澹(チョウタン)、澄明など。
画 数 9 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 おと。耳に聞こえてくるものの総称。ことば。言語。
音読み オン イン
訓読み おと ね
名乗り お と なり
備 考 用例:音韻、音訓、音字、音響、清音、声音、高音、促音など。