本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。

トップページ > おまかせ

おまかせ姓名判断omakase

[PR]【エイゴックス】欧米ネイティブ講師とのマンツーマン・レッスンが700円~
安田 唯以香(ゆいか)
6 / 100 点
健康運 消化器系および目の病気に注意が必要。過度のストレスも健康に悪影響を与えるので、適度の休養をとるように心がけることが大事。
性格 物静かで落ち着きがある。何事も慎重で冒険的なことはしなが、消極的で内向的になりやすい。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
105-5-522-5-3-510 6

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
消化器系および目の病気に注意が必要。過度のストレスも健康に悪影響を与えるので、適度の休養をとるように心がけることが大事。 物静かで落ち着きがある。何事も慎重で冒険的なことはしなが、消極的で内向的になりやすい。
留意事項
凶 健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
外格 総格 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
外格 総格 が弱点。凶運の項目をカバーすべく、普段から注意を怠りなく。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
消化器系および目の病気に注意が必要。過度のストレスも健康に悪影響を与えるので、適度の休養をとるように心がけることが大事。 物静かで落ち着きがある。何事も慎重で冒険的なことはしなが、消極的で内向的になりやすい。
留意事項
凶 健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
外格 総格 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
外格 総格 が弱点。凶運の項目をカバーすべく、普段から注意を怠りなく。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(11画)
--- 家運を上昇させ、前世における運の力を10代・20代で発揮すること多し。家族や祖先に助けられ、名誉や名声を得る。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(25画)
発 展
人知れず努力を重ね、成功を勝ち取る。才知に優れ、研究心も旺盛。ただし反発心がつよく、人付き合いは苦手。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

サンプルの姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 6 種 別 常用漢字(教育漢字:第3学年)
意 味 やすい。やすらか。しずか。おだやか。落ち着く。やすんずる。安心する。満足する。
音読み アン
訓読み やすい、いずくに、いずくにか、いずくんぞ、やすんじる
名乗り あ さだ やす
備 考 用例:慰安、公安、大安、治安、平安、保安、安易、安穏、安閑、安居、安心、安息など。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 た。田畑。耕作地の総称。耕す。狩りをする。たんぼ。水田。特定の産物がとれる場所。
音読み デン
訓読み
名乗り ただ みち
備 考 用例:塩田、油田、炭田、屯田、美田、良田、田園、田舎、田家、田地、田夫、田野など。
画 数 11 種 別 常用漢字
意 味 ただ。それだけ。ただ一つ。ひたすら。はい(返事の声)。すぐ丁寧に返事をすること。
音読み ユイ イ
訓読み *****
名乗り ただ
備 考 用例:唯唯、唯唯諾諾、唯一、唯心論、唯物論、唯美主義、唯我独尊など。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第4学年)
意 味 もってする。用いる。使用する。
音読み イ、シ、ジ
訓読み おもう、すでに、はなはだ、ひきいる、もちいる、もって、ゆえに
名乗り これ さね のり ゆき より
備 考 用例:以心伝心、以降、以上、以後など。
画 数 9 種 別 常用漢字
意 味 かおり。におい。かんばしい。かぐわしい。香料。鼻で感じるにおい。
音読み コウ キョウ
訓読み か かお(り) かお(る)
名乗り よし かが たか
備 考 用例:清香、焼香、線香、香水、香雪など。(薫:雰囲気や肌で感じるにおい)