点数評価ができる無料姓名判断【姓名判断de名前いろいろ】
本文へスキップ

とても詳しい姓名判断を無料で行うことができます。開運・命名・改名に是非お役立て下さい。


トップページ > 姓名判断

 姓名判断

姓:4文字以内名:3文字以内
 
織田 信長
-6 / 100 点
健康運 せっかちな性格がたたり、心身が疲労して病気になりやすい。呼吸器系・皮膚・腸疾患には特に要注意。
説明 ( 入力されたメールアドレスへ、姓名判断の結果を送信します。
なお、メールアドレスを保存すると、次に送信するときに再度メールアドレスを入力する手間が省けます。
)
姓名判断の総合結果表
人格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
地格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
外格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
総格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
社会運(総格数から名の最後の字を引いたもの。
仕事に対する影響を暗示する。どんな職種を選ぶ傾向があるか、またその取り組み方も推察することが可能。
)
家庭運(総画数から姓の最初の字の画数を引いたもの。
生活環境や習慣および教育など、外的要因から受ける影響を暗示する。外格や社会運と同様で、自己を形成している裏要素とも言える。
)
五行(三才)(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
陰陽(三才)(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
陰陽配列(この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
天地同格(天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
合 計
-55-5210-5-5-3-1010 -6

姓名判断の結果

五行配列の運勢
五行(三才) ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
せっかちな性格がたたり、心身が疲労して病気になりやすい。呼吸器系・皮膚・腸疾患には特に要注意。 見栄っ張りでせっかち。表面的なことのみに囚われて、失敗してしまうことが多い。異性とのトラブルも自ら引き起こす可能性大。
留意事項
凶 健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)配列の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
人格 外格 家庭運 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。
天地同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

五格二運(天格は除外) のレーダーチャート

五行・ 陰陽(三才)配列

天恪・人格・地格の3つを三才(さんさい)といいます。
姓名判断では、五格の画数が吉運であることはもちろんですが、三才における五行および陰陽の配列も、決して無視できない判断要素です。
五行に対する値は、画数の下1桁が次のようになっています。
木:1・2 火:3・4 土:5・6 金:7・8 水:9・0
そして、それぞれに陰と陽がありますので、陰と陽の並びの順番についても吉凶を判断します。

五行の運勢
五行 ( 自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
運 勢 健康運 性 格
せっかちな性格がたたり、心身が疲労して病気になりやすい。呼吸器系・皮膚・腸疾患には特に要注意。 見栄っ張りでせっかち。表面的なことのみに囚われて、失敗してしまうことが多い。異性とのトラブルも自ら引き起こす可能性大。
留意事項
凶 健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。
陰陽(三才)の運勢
陰陽(三才) ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
陰と陽の並び方により、運勢に吉凶が生じる。
三才の陰陽は、天格・人格・地格の画数それぞれの1桁目の値による陰と陽の並びにより、吉凶を判断する。
)
運 勢 解 説
吉凶相反 普段から、事故や病気などには十分に注意を払うこと。
留意事項
人格 外格 家庭運 が弱点。五格・二運における弱点を把握しておくこと。
【注意】陰陽(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列

この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。

喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。

陰陽配列の運勢
陰陽配列 ( この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
運 勢 解 説
病気・事故・遭難などの凶運を暗示も、日頃の注意によりこれらは回避可能。
留意事項
あまり結果に固執せず、絶え間なく精進するとよし。

天地同格

天格と地格の画数が同数であること。

このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。

天格・地格の運勢
天 格 ( 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
)
(23画)
--- 大発展運の前世。先祖への思いやりや奉仕の精神が、子孫にプラスに。先祖への感謝の気持ちを忘れないことが開運のカギ。
地 格 ( 名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(17画)
権 威
気が強く他人との衝突がたびたび起こる。よい目標を持ち、気の強さを活かすことにより成功をつかめる。
☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶
天格同格の運勢
天地同格 ( 天格と地格の画数が同数であること。
このケースの場合、他の運格の吉凶によって運勢が左右されるが、多くの流派で大凶としている。
)
運 勢 解 説
天地同格吉運の説明

漢字の詳細

入力された姓と名の文字について、詳細を表示します。
画 数 18 種 別 常用漢字(教育漢字:第5学年)
意 味 おる。機を織る。あやぎぬ。色糸で織った絹。組みたてる。しるし。記章。
音読み ショク シキ
訓読み お(る)
名乗り おり はとり り
備 考 用例:染織、組織、紡織、織女、織文、織縫など。
画 数 5 種 別 常用漢字(教育漢字:第1学年)
意 味 た。田畑。耕作地の総称。耕す。狩りをする。たんぼ。水田。特定の産物がとれる場所。
音読み デン
訓読み
名乗り ただ みち
備 考 用例:塩田、油田、炭田、屯田、美田、良田、田園、田舎、田家、田地、田夫、田野など。
画 数 9 種 別 常用漢字(教育漢字:第4学年)
意 味 まこと。真実。誠実。信ずる。明らかにする。証明。たより。使者。ゆるくする。
音読み シン
訓読み *****
名乗り あき あきら こと さだ さね しげ しの のぶ のぶる まさ ちか とし とき
備 考 用例:威信、音信、過信、自信、所信、忠信、不信、迷信、信愛、信心、信念、信頼など。
画 数 8 種 別 常用漢字(教育漢字:第2学年)
意 味 ながい。時間、距離、長さがながい。久しい。年上。頭。
音読み チョウ
訓読み なが(い)
名乗り おさ たけ つね なが ながし のぶ ひさ ひさし ます みち
備 考 用例:館長、艦長、官長、管長、駅長、町長、長女、長男など。
※入力した漢字が収録されていない場合には、漢字の追加依頼 にて承ります。